タロット占いの正位置と逆位置について

タロット占いをしてもらったことがある人や、タロット占いをしているところを目撃したことがある人、ちょっとタロット占いについて興味を持っている人であれば、タロット占いには正位置と逆位置という考え方があるということを知っている人は少なくないでしょう。
タロット占いに興味を持っているのであれば、このタロット占いの正位置と逆位置についても理解をしておいたほうがいいでしょう。
まずタロット占いの正位置というのは自分から見てタロットカードが向いている状態のことを表しており、反対に自分から見て反対方向をカードが向いている状態を逆位置といいます。
カードの向きが違っているだけではなく、正位置と逆位置では、タロットカードが持っている意味も正反対になるのです。
タロットカードについてあまり詳しく知らないという人の中には、逆位置になっているということは全てが悪い意味合いを持っていて、正位置であれば全てが良い意味になっていると思っている人もいるのですが、必ずしもそうだとは断言できません。
それに悪い意味だとしても、それを忠告だと考えるようにすれば、自分にとってプラスに考えることも出来ますよね。
逆に良い意味だとしても、それが却って悪いというものだってあります。
例えば、ある程度正直なのであれば、それは長所といえますが、何でもズバズバ言ってしまうのであれば、嫌われてしまいやすくなってしまいます。
また、優しいのも長所ですが、優しすぎると利用されやすくなったり、甘いと思われてしまったりしますよね。
このようにカードの意味合いを極端に考えてしまうと、内容が全然違ってくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ